日本のギャンブル Archive

日本一ゲーム

日本一ゲームといってまず思い浮かぶものと言えば、日本が世界に誇るポケモンシリーズではないでしょうか。最近ではポケモンGOが良くも悪くも世間をにぎわしていましたね。ポケモンは日本のみならず世界各国でもその人気はとどまることを知りません。また、スーパーマリオブラザーズもファミコンの時代から不動の人気を保っています。リオ五輪の閉会式では、東京への引継ぎセレモニーで安倍首相がマリオに扮して登場するというパフォーマンスを披露し、日本、そしてスーパーマリオブラザーズが世界の注目を再び集めました。 ゲーム実況で日本一ゲームを視聴されている人と言えば、YoutuberのHikakinが有名ですね。ゲーム実況をする多くのYoutuberたちが過激な発言をすることが多い中、Hikakinは放送禁止用語的な発言がないので小中学生層にも大変人気で幅広い支持層を獲得しています。Hikakinが運営するHikakinGamesではマインクラフトの実況を中心に、その他様々なゲームの実況を視聴することができます。 日本一ゲームに人生を賭けている人と言っても過言ではないのは、格闘プロゲーマーの梅原大吾です。彼は日本人初のプロ格闘ゲーマーとして活躍しており、2010年には世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマーとしてギネスに認定されました。ゲームで生計を立てられるなんて、時代もずいぶん変わってきましたね。 1970年代にはじめて家庭用ゲーム機が発売されて以来進化を繰り返してきたゲーム業界。そのあり方もずいぶん多様化し、色々な楽しみ方ができるようになりました。オンラインカジノゲームも新たなゲームの形として知名度が高まっていくかもしれませんね。

日本人とギャンブル①

日本人はギャンブルが好きな国民だ。 競馬、競輪、ボートレースなど政府が運営する公営ギャンブルの人気はもちろんのこと、どんな街でも少し歩けばパチンコ店が見つかる。 ゲームに至っては、中型のショッピングセンターともなれば必ずと言って良いほどゲームセンターが設置されており、老若男女が夢中になってゲームにコインを投じている。 これらのゲームやギャンブルは国民の誰しもが馴染みがあると言っても過言ではない。 ギャンブルの中でもカジノは、海外では紳士淑女の社交の場としても利用されるが、日本ではどうもそういった高貴なイメージは少なく、ギャンブルというと、どちらかと言えば中年のおじさんたちがお酒とスポーツ新聞を片手に集まる場所・・・なんていうネガティブなイメージが先行してしまいがちだ。

スポーツベッティング

スポーツベッティングとは、あらゆるスポーツ競技の勝敗を予想し、賭けを行う事である。 日本でもスポーツベッティングは人気で、「toto」や「BIG」といったスポーツくじがそれに当たる。 日本でのスポーツベッティングといえばもっぱらサッカーが対象だが、海外では取り扱われるスポーツ競技は実に多岐に渡る。 サッカーはもちろんの事、バスケットボール、バレーボール、何とビリヤードにまで賭けをするというのだから海外でいかにスポーツベッティングが普及しているかが分かる。 スポーツベテッィングはただ試合を観戦して得られる興奮を数倍にも膨らませてギャンブラー達に夢を与えてくれる。試合の行方が自分の勝敗に直結するのだから応援が熱くなるのは当然のこと。 その情熱が試合会場やスポーツベッティングそのものを盛り上げている。 William Hillのような老舗スポーツベットブランドなら、初心者でも快適にスポーツブックを楽しめるだろう。

ウィリアムヒルとは

ウィリアムヒルとはイギリス最大手のブックメーカーである。 ブックメーカーとは、スポーツベッティングにおいて政府の許可を得て胴元として運営している企業だ。 日本では馴染みの薄いブックメーカーだが、イギリスをはじめとするヨーロッパ諸国では1年間でおよそ700万人もの人達がブックメーカーを通したギャンブルを楽しんでいる。 賭けの対象となるのは、あらゆるスポーツ競技の勝敗はもちろんの事、イギリスのロイヤルベビーの名前は何になるのか、次回のワールドカッカップ開催国はどこになるのか、などスポーツに知識がなくても気軽に賭けを行うことが出来る物も多くある。 これらの賭けはインターネットで利用可能である為、老若男女を問わず広く普及しているというわけだ。 ウィリアムヒルはブックメーカーとして主にヨーロッパ市民の信頼を獲得し、長い歴史を歩んでいる。信頼できるブックメーカーを探しているのなら、ウィリアムヒルが一番おすすめできる。

テーブルゲーム

カジノにおけるテーブルゲームとはその名の通りテーブルで行うゲームで、トランプやルーレット、さらにはサイコロを使ったゲームがこれに含まれる。 ゲームの難易度は実に様々でそれぞれ自分と相性の合うゲームを選ぶ。 丸っきり運任せに一攫千金を狙う様なルーレットやサイコロで、熱く盛り上がるテーブルもあれば、かなり頭脳を使うバカラやブラックジャックなどの定番トランプゲームで、プレーヤーのみならず周りの雰囲気全体が静かな緊張感に包まれているテーブルもある。 テーブルゲームにはゲームの仕切り役として基本的にディーラーが1人付いており、日本語でもゲームルールの説明書が用意されている事が多いので、日本人が海外のカジノに遊びに行った最初に始めやすいゲームといえる。

日本人とギャンブル②

ネガティブな印象を持たれがちなギャンブルだが、政府が本格的にカジノ法案の成立に乗り出し、 これが日本国中で議論を巻き起こしている。 反対意見としては、ギャンブル中毒者が増えて治安が悪くなる、子供の教育上良くないといった意見が目立った。 一方の賛成派はというと、経済の活性化、外国人観光客の誘致に有利、土地の有効活用などという意見があった。 これらの賛否意見を汲み取って、まだ具体的な場所や規模は白紙状態ではあるが、反対派の意見を覆すごとく、「カジノを家族向けの複合娯楽施設にする、警備を配置する事でむしろ治安は良くなる」などの見解も出てきている。 元来のギャンブル好きな国民性と東京オリンピックの後押しもあり、日本にもカジノが建設される日もそう遠くないかもしれない。

ギャンブルの魅力

なぜ人はギャンブルをせずにはいられないのか。 負けると分かっていても、胴元有利が当然だとしても、苦労して手にしたお金をギャンブルにつぎ込んでしまうのはなぜか。 そこには人間の本能とも言うべき理由があった。 ギャンブルは人を興奮させてくれる。自分の数字は来るのか?自分のチームは勝つのか? ハラハラドキドキでアドレナリンを放出するこの快感を一度覚えてしまうと、心と体がそれを忘れられないのだ。 その瞬間、人はストレスや日常を忘れて目の前のスリルに手を伸ばす。 リスクを冒した先にある喜びに夢を賭けるのだ。 そして非日常の世界、心はずむ音楽、煌びやかなフロアに自分を置いて、そこで出会ういつもとは違う人々との交流を楽しむのだ。 今日も期待に胸を膨らませるギャンブラー達が、世界中で真剣勝負をしている。

マシーンゲーム

カジノでは日本のパチンコやゲームセンターに多く見られるようなマシーンゲームも 多く存在する。 これらのマシーンゲームは整然と何十台とも置されており、プレーヤーは機械相手に賭けを楽しむ。 カジノにはスロットマシーンもあるが、これは日本のパチスロとは違い、いわゆる目押しなどといった技術を必要としない。 スロットマシーンだけではなく、他のマシーンゲームも特別な技や知識は必要なく、誰がどう遊んでも同じ結果が出るようになっているので、公平で分かりやすいのが特徴である。 ゲームはプレーヤー達を飽きさせないように音響やビジュアルに工夫がされてあったり、世界的に人気のある映画やキャラクターをモデルとしたマシーンが多い。 ただボタンを押すだけなので、テーブルゲームと比べると単純作業ではあるが、どんどん楽しくなって没頭してしまうのだ。